Seminar Concierge セミナーコンシェルジュ

学会情報詳細 学会情報詳細

第111回日本美容外科学会(JSAS)

大阪府

日程

2023年5月11日(木)~2023年5月12日(金)

場所

グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)

スポンサードセミナー

スポンサードセミナー

会場

第3会場(グランキューブ大阪 10階 会議室1008)

日時

2023年5月12日(金) 14:10 ~ 14:50

テーマ

超音波によるシワ・肌質改善~新テクノロジーSUPERB®の有用性~
Society %e3%81%b5 %e5%8f%a4%e5%b1%b1%e7%99%bb%e9%9a%86%e5%85%88%e7%94%9f 20220330%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%82%af%e3%83%ad
座長
古山 登隆 先生
自由が丘クリニック 理事長
Society %e3%81%bf %e5%ae%ae%e7%94%b0%e6%88%90%e7%ab%a0%e5%85%88%e7%94%9f 190328
演者
宮田 成章 先生
みやた形成外科・皮ふクリニック院長 院長
新しい超音波SUPERBによるしわ・たるみ治療の基礎と臨床
ご講演の概要はこちら

近年、加齢によるたるみに対して様々な治療機器、治療手技が登場している。高周波やHIFUは登場して既に20年近く経過しており、その原理は広く知られたところである。しかしながらこれらの機器は皮膚表面へのダメージを生じさせない反面、真皮内のremodeling効果は少なく、またレーザーにおいてはnon-ablativeに強い加熱を生じさせることは難しい。新しく登場した同期平行型超音波ビーム(SUPERB: Synchronous Ultrasound Parallel Beam)機器Sofwaveはこの問題を解消し、ダウンタイムなしに真皮のtighteningを強く生じさせる。 その特徴として、音響インピーダンスの相違や強い冷却装置によって皮膚表面には何ら損傷を与えず、収束しない強力な超音波を照射し、深さ1.5 mmの真皮層を中心に熱ダメージを与えることが可能である。危惧されるような皮下に存在する神経や血管に対する損傷のリスクは殆どない。 本講演では、たるみの成因について解剖学的な知見を紹介し、その上で機器やフィラー、スレッドなどnon-surgical治療の適応や組み立て方を解説、SUPERBの基礎理論と従来にはない臨床効果について供覧したい。

Society %e3%81%93 %e5%b0%8f%e6%9e%97%e7%9b%b4%e9%9a%86%e5%85%88%e7%94%9f 20230110
演者
小林 直隆 先生
咲くらクリニック 院長
ハイフとはどう違う?新型たるみ治療器SUPERBの実力とは
ご講演の概要はこちら

近日公開

JMEC Cafe

JMEC Cafe

展示

展示