Seminar Concierge セミナーコンシェルジュ

学会情報詳細 学会情報詳細

第118回日本皮膚科学会総会

愛知県

日程

2019年6月6日(木)~2019年6月9日(日)

場所

名古屋国際会議場

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー

会場

名古屋国際会議場 第5会場(3F 国際会議室)

日時

2019年6月9日(日) 12:35 ~ 13:35

テーマ

最新の紫外線治療を知る!~最新エキシマレーザーによる白斑治療とApremilastを併用した乾癬治療~
Society %e3%81%aa %e4%b8%ad%e5%b7%9d%e7%a7%80%e5%b7%b1%e5%85%88%e7%94%9f 190426
座長
中川 秀己 先生
東京慈恵会医科大学 名誉教授
Society %e3%81%ae %e4%b8%8a%e5%b0%be%e7%a4%bc%e5%ad%90%e5%85%88%e7%94%9f 190426
演者
上尾 礼子 先生
関西医科大学香里病院 皮膚科学講座 診療部長
エキシマレーザーXTRAC VELOCITY 7 XLによる尋常性白斑治療
ご講演の概要はこちら

本邦での尋常性白斑の標準的治療は外用療法とナローバンドUVB療法やエキシマライトなどの紫外線療法であるが、やはり難治である場合が多い。308nmエキシマレーザーはエキシマライトよりも照射率が高く、より効率よくスピーディーな治療が可能である。また病変部が小範囲である場合、エキシマレーザーは照射面積が小さいため正常皮膚への不要な紫外線暴露を回避できるといったターゲット型照射機器としての利点も有する。308nmエキシマレーザーは欧米では尋常性白斑の治療に広く用いられているが、アジア人の尋常性白斑における治療効果は十分には検討されていない。今回、308nmエキシマレーザーXTRAC VELOCITY 7 XLを用いた尋常性白斑治療の探索的臨床試験を行い、その効果を確認するとともに、MEDとMBD(最小水疱形成量)を測定し、効果的な308nmエキシマレーザー照射について検討したので報告する。

Society %e3%82%88 %e6%a8%aa%e5%b7%9d%e7%9c%9f%e7%b4%80%e5%85%88%e7%94%9f 190426
演者
横川 真紀 先生
横川ひふ科クリニック 院長
クリニックで行う乾癬治療 プラス紫外線で治療効果を高めよう!
ご講演の概要はこちら

様々な波長を照射できる機器の開発や照射方法の進歩により、紫外線治療はより安全で有用性が高い方法となった。さらにコンパクトな機器も増えて、クリニックにおいても導入が容易になってきている。当院では、ナローバンドUVB、ターゲット型エキシマライト(VTRAC、ExSys308)を用いて種々皮膚疾患に対して紫外線治療を行っている。なかでも乾癬は紫外線治療による高い有効性が期待できる疾患のひとつであるが、その治療は生物学的製剤の導入・経口PDE4阻害剤の承認により大きく変化した。クリニックにおいても治療選択肢が増え、現在、当院では経口PDE4阻害剤治療で残る皮疹に対して積極的に紫外線治療を併用している。紫外線治療はクリニックにおける中心的な治療法のひとつであるが、経口PDE4阻害剤と紫外線治療の併用はより高い有効性が期待できる。クリニックの強みとなる紫外線治療を始めてみませんか?

展示

展示